健康情報の調べ方

2017.07.16
カテゴリ:

ちまたには健康情報があふれています。健康にききそうなものを探してきてはあたかも特定の症状に効くかのように宣伝する会社も非常に多いです。最近ではインターネットが発達しているので、ネットで調べられる方も多いと思いますが、ネットで出回っている情報も、それが正しいのか、正しくないのかわからない情報であったり、その情報自体が実は宣伝であったりということもあります。

私も仕事柄、よく「黒豆は○○に効きますか?」ということを質問いただくことがあります。ただ、私はお医者様ではありませんし、また、栄養学を専門に学んできたわけでもありません。お客様から、「○○に効きました!」と言っていただくのは、本当にうれしいことですが、私どもから「○○に効きます!」とは、なかなか断言できないのが心苦しいところです

ネット情報の調べ方

いつでも簡単に健康情報を調べられるのが、ネットだと思います。パソコンで調べられるのはもちろん、最近ではスマートフォンで本当にいとも簡単に情報を調べられるようになりました。ただ、そこには大変な落とし穴があります。インターネットでは、検索の上位にヒットしやすいページの作り方があり、検索の上位にヒットしている=正しい有益な情報とついつい思いがちです。しかし実際その情報は薄っぺらい情報であったり、ひどい時には命にもかかわる間違った情報を信じてしまうというようなことにもなりかねません。

そこで、私がおすすめするネット情報の調べ方です。特に健康や医療に関する情報を調べる時には、ぜひご活用いただければと思いますが、

  • 政府機関のドメインである、go.jp
  • 大学のドメインである、ac.jp

に絞って検索をするということです。多少難しい言葉が使ってありますので、難しい資料にはなりますが、政府機関や大学の論文なら、比較的、信頼性の高い情報であるといえると思います。googleの検索エンジンで

  • site:go.jp 検索したい言葉
  • site:ac.jp 検索したい言葉

と入れていただくと、サイトを絞って検索することができます。たとえばネットで「○○は症状に効く」といった情報を見つけたとしたら、その情報は、政府機関や大学の研究論文でも紹介されている根拠ある情報なのか、調べてみるのもよいと思います。

黒豆をおすすめする意義

私どもは、創業20年。黒豆屋としては非常に珍しい「黒豆健康ドリンク」の専門店です。創業当時、私の父が病気を患った時に、「健康のために黒豆を食べなさい」といわれたのがきっかけで、日常の食生活に簡単に黒豆を摂取できる方法をと考えたのがはじまりです。

もちろん、黒豆は食品であり、薬ではありません。また、どんな健康食品であっても魔法のように劇的に特定の症状が治るということもないと思います。ただ黒豆は、非常に栄養バランスが採れた、私たち地元京都丹波の優れた特産品だと思っております。お正月だけでなく、ぜひ、日常の食生活に摂りいれていただきたいと啓蒙させていただいております。健康とは、日々の栄養バランスが採れた食事から。黒豆製品をぜひ一度お試しくださいませ