黒豆のおやつはダイエットにもおすすめ。歯ごたえ十分、少量で満腹感が得られます

公開日:2021.02.10 / 最終更新日:2021.03.30
カテゴリ:
おやつイメージ
おやつは糖質が多い

子供の頃は「おやつの時間」がとっても楽しみでした。遠足に持って行って、わくわくしたのが「おやつ」でした。そんな思い出もいっぱいのおやつでありますが、大人になった今、皆さんはおやつを食べていますか?

私は今でもおやつは大好きです。

しかし、おやつは大人になると、「間食」と呼ばれ、食べ方や食べるものによっては太ってしまう、もしくはダイエットの弊害になってしまう場合があります。悲しいかな、若いころに比べ確実に代謝が落ちているからです。

今回はおやつを食べる際に気を付けたいポイントと、大人のおやつとしておすすめの黒豆のおやつについて解説します。

おやつの定義とはそもそも何?

そもそも子供の頃に食べるおやつは、必要なエネルギーを補うためのものという考え方がありました。しかし現在は、飽食の時代ですから、子供でもおやつを食べ過ぎているケースは多くあります。

大人は、食事から十分にエネルギーを摂取することができますね。ですから本来、エネルギーを補う意味でのおやつは不要なのです。

しかしながら、おやつもうまく使えば、ストレス解消や仕事や勉強に疲れた場合などちょっとしたエネルギーを補完するという意味では、まだまだ役立つともいえます。

おやつも「健康」の時代に

最近は情報社会になり、おやつの弊害もよく言われるようになりましたが、それでもおやつメーカーは知恵を絞り、機能性のおやつを販売したり、健康にもよいといったフレーズのおやつを販売をされています。

例えば、チョコレートなどがそうです。チョコはカカオが原料ですので、カカオポリフェノールが豊富。高カカオ含有のチョコが売れています。

チョコレートは砂糖を多く含みますので食べすぎには気を付ける事が大事ですが、量さえ気を付ければ、おやつも健康を維持しながらまだまだ十分に楽しめます。

しかし、本気でダイエットを考える場合には、美味しいおやつをある程度制限し、食生活を整える必要があります。

大人のおやつに黒豆をおすすめする2つの理由

私が黒豆をダイエットや大人のおやつとしておすすめするには、大きく2つの理由があります。ここではその理由について説明させていただきます。

糖質の代わりにたんぱく質を摂取できる。

太っているとお悩みの方の食生活をうかがってみると、糖質過多が原因の場合が多いです。いわゆる、食べ過ぎ=糖質過多であるということです。自分はそこまで食べていないつもりでも、間食をしている人は、たいてい食べ過ぎていることが多いです。

スナック菓子は美味しいですが、糖質が多いものが多いです。それに比べて、黒豆は良質のたんぱく質です。どうしても間食をやめられない人は、黒豆をおやつにすることで糖質を減らすことができます。

黒豆は食物繊維が豊富

黒豆は食べ応えがあり、食物繊維が豊富ので、満腹感を与えることができます。そのため、食べ過ぎをおさえることができます。

食物繊維は2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。黒豆が豊富なものは、不溶性食物繊維でお腹のなかで水分を吸収して膨らんだり、便の嵩を増やして便通もよくしてくれますので、美容も意識される方にもおすすめです。

健康を意識した「黒豆のおやつ」2選

黒豆ココア

黒豆ココア

まずご紹介したいのが、当店の黒豆ココアです。当店の黒豆ココアは、黒豆と小豆、それにオランダ産の純ココアだけを使用した自然の恵みです。

高カカオ含有を意識するなら、純ココアが最適です。そして、できれば無糖のココアがよいです。その点でも、お砂糖を入れなくても美味しく飲める、当店の黒豆ココアはおススメです。飲み方ですが、黒豆ミルクココアにして飲んでいただくことをおすすめします。

黒豆ココアが大人のおやつにおすすめの理由

なぜ、甘いものをたくさん必要以上に食べてしまうのでしょうか?

理由の一つは、気分を害した時にストレス発散で食べてしまうというケースがあるのではないでしょうか?

ココアは、「ほっ」と一息するときに飲むイメージがあると思いますが、栄養素の話でいえば、デオプロミンという成分が、リラックス効果を与えてくれます。さらに黒豆ココアをミルクココアにして飲めば、カルシウムが、神経のイライラを沈めてくれる効果も期待できます。

上述したとおり、豆類は食物繊維も豊富ですから、間食の代わりに黒豆ココアでお腹を満たすことができて一石二鳥です。

ココアといえば甘くて砂糖が多いイメージがありますが、当店の黒豆ココアは無糖でも美味しくいただけるのがポイントです。

当店のお客様でも「間食かわりに、黒豆ココアを飲んでいる」というお客様が、実は結構いらっしゃいます。無糖の黒豆ココア、実は、大人のおやつとして、最適です。

炒り黒豆

丹波炒り黒豆

当店のNO1人気の商品が、「丹波炒り黒豆」です。多くのお客様が、黒豆茶として利用されますが、そのまま「炒り豆」として食べる、大人のおやつとしても大変人気の商品です。

当店の黒豆は、京都丹波産の大粒の黒豆を厳選しようしており、1粒1粒が大変、食べごたえがあります。よく噛んで、ゆっくりと消化していくことができます。

炒り黒豆がダイエットにおすすめな理由

食べるのが速い人は、満腹中枢を満たす前にどんどん食べてしまう傾向があります。厚生労働省の「国民健康・栄養調査」では、食べるスピードが速いと回答した男性の63.9%、女性の46.5%が、肥満(BMI25以上)体形であることがわかりました。

ゆっくりと時間をかけて咀嚼して食べられる人は、満腹中枢を少量で満たすことができるため、結果として食べる量を落とすことができます。

その点、当店の丹波炒り黒豆なら、噛み応えが十分ですから、満腹中枢を満足させることができます。たくさん食べる必要はありません。炒り黒豆も、少量でお腹が満たせます。こちらもダイエットにも最適なおやつです。

炒り黒豆がおやつに最適。お客様の声

炒り黒豆をおやつ代わりにされている方、本当に多いんです。ここでは当店にいただいた実際のお客様の声をご紹介させていただきます。

食事時はもちろんお茶で、小腹が減ったときはおつまみ、おやつとしてそのまま食べています。ダイエットをしているので重宝しています。(東京都 U様)

はじめまして。以前飲んでいた黒豆茶とは違い、本来の豆の香ばしさがとても気に入っています。お茶にしても良し、おやつ代わりにしてもよし、すぐに、また注文しなければいけないのが、とても困っています。(京都府 梅ちゃん様)

とても美味しく頂きました。美味しいので、つい、1つお嫁さんにあげてしまいましたので、追加で五個セットを注文しました。飲んでも美味しくポリポリ食べても美味しいです。お腹のすいたときにおやつがわりに食べるのに充分役割を果たしています。(愛知県 ram様)

多くの方が自身が思っている以上に糖質を摂りすぎている傾向にあります。糖質は三大栄養素で大切な栄養素です。しかし、糖質は摂りすぎると中性脂肪が増えますので摂りすぎは厳禁です。糖質過多の場合、たんぱく質で補うことをおすすめします。

炒り黒豆は噛み応え十分ですが、中には少し硬すぎるといった感想をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。そういった方は、黒豆茶として飲んだ後の黒豆を食べるのもよいでしょう。

食べる黒豆茶でダイエットをする方法は下記の記事を参考にしてみてください。

>>食べる黒豆茶ダイエットは、食べる量をコントロールできない人におすすめ

黒豆のおやつをダイエットにおすすめする理由 まとめ

いかがでしたでしょうか?おやつは美味しい。おやつはなかなか止められない。その気持ちはよくわかります。しかし本気でダイエットを考えている方は、間食を止める。もしくは糖質を控えるというのは、どうしてもクリアしないといけないハードルです。

すぐに間食を止められる人は問題ありませんが、難しい方は、おやつを黒豆に替えてみませんか?黒豆は良質のたんぱく源、そして食物繊維が豊富です。そのため、少量で腹持ちをしますので、カロリーを控えめに、そして必要な栄養素をしっかりと補うこともできます。

ぜひ、ここでご紹介させていただいた黒豆ココアや炒り黒豆を利用してみてください。

ご紹介させていただいた商品

参考:国民健康・栄養調査(厚生労働省)※PDF版


この記事を書いた人

丹波の恵み 代表 吉岡 裕介

創業20年以上の黒豆ドリンク専門店。黒豆ドリンクのパイオニアとして、1997年にはじめて黒豆コーヒーを開発。その後、発売した黒豆ココアが楽天市場で大ヒット。黒豆茶は口コミ実績1,000件以上を記録。日々の生活の中に気軽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/▽文部科学省後援 健康管理能力検定合格。健康リズムカウンセラー、生活リズムアドバイザー。2021/4/15 日本健康マスター検定試験を満点で合格。健康マスター認定