体を温める黒豆茶でダイエット。むくみや水太り体質におすすめ

公開日:2020.06.06 / 最終更新日:2020.08.15
カテゴリ:
むくみイメージ
脚、むくんでいませんか?

黒豆がダイエットによい理由を前回、お届けしました。過剰に採っていた間食や食事を黒豆に変える方法で、健康的にダイエットをすることをおすすめさせていただきました。

一方で、体重についてはベスト体重に近づいたけれど、「なかなか足が細くならない」といった女性の声、よく聞きます。そういった方は、体が冷え、水分代謝がうまくいっておらず、普段から足がむくんでいるのかもしれません。

黒豆は、よく、むくみによいといわれます。漢方(中医学)の世界でも、黒豆がむくみによいとされているのは有名な話です。

毎朝やかんで黒豆茶を作り、朝食時に飲み、水筒へ入れて仕事中に飲んでいます。 紅茶から黒豆茶に変えただけですが、トイレへ行く回数が増え、むくみが多少ですが良くなった気がします。煮出した後の黒豆もしっかり美味しく、味も楽しんでいます。(山梨県 HARU様)

むくみにも良いと聞いたので、購入しました。黒豆も食べられるとあったので、孫(豆が大好き)と食べるのを楽しみしてます。(神奈川県 りこ様)

体質によると思うが、私の場合はむくみの解消になるように思われる。(東京都  おはぎ様)

このように、黒豆茶がむくみ解消に役立ったといったご感想や、黒豆茶をむくみ解消のために購入したといったお客様の声も多数いただいています^^

では、黒豆茶を飲むことが、なぜ、むくみ解消につながるのかについて、その理由について、これから書いていきたいと思います。

体を温めるお茶。黒豆茶でむくみ体質を改善する

まずは、「体を温める食べ物、飲み物を知る

食べ物には体を温めるものと冷やすものがあります。まずこのことを知ることからはじめましょう。

薬膳の世界にも、食べ物を「体を温める食べ物・飲み物」と「体を冷やす食べ物・飲み物」に分ける考え方があります。その程度を

  • 寒性(体を冷やす)
  • 涼性(体を冷やす)
  • 平性(どちらにも属さない)
  • 温性(体を温める)
  • 熱性(体を温める)

の5段階に分けてます。うち、平性は、体を冷やしも温めもしない食べ物、飲み物で、寒涼、温熱どちらにも属しません。

ここで「体を温める食べ物」と「体を冷やす食べ物」の代表をまとめてみたいと思います。

体を温める食材 唐辛子、羊肉、にんにく、かぼちゃ、にら、ネギ、黒豆、紅茶、ココアなど
体を冷やす食材 豆腐、なす、きゅうり、レタス、トマト、スイカ、メロン、緑茶、コーヒーなど
参考:「冷え太り」にご用心!(養命酒ライフスタイルマガジン)より抜粋

体を冷やす食べ物は一般的に

  • 暑い夏に採れる野菜
  • 南国で育つ果物

が多く、体を温める食べ物は逆に

  • 寒い冬に採れる野菜
  • 北国で育つ果物

などが多いといわれます。黒豆は体を温める食材に分類されますので、黒豆茶は、体を温めるお茶として知られています。

黒豆茶で腎の機能を高める

中医学の世界では、「黒」色の食材は、古くから腎の機能を高めるとされています。

腎とは、腎臓、膀胱などの臓器のことで、この腎の機能が高まることにより血液をろ過がスムーズにいったり、体の中の水の巡りがよくなります。腎の機能が高まり、水や血液中の不純物の排出ろ過がうまくいくことにより、体が温まるといえます。

これがひとつ、黒豆茶が体を温めるお茶といわれたり、むくみによいといわれる理由です。

そのため、黒色の食品の中のひとつである「黒豆茶」も薬膳の世界では大変人気があり、当店でも漢方や薬膳の関係者の方から黒豆茶のご注文をいただくことがとても多いです。

ただし、黒豆茶が「体を温めるから体によい」という単純な考え方は、よくありません。あなたの体質によって、黒豆茶が合うかどうかも肝心です。

上述のとおり、黒豆茶は腎の機能を高めるものですから、水分や老廃物をうまく排出できないタイプ。

運動嫌いで代謝が悪い、いわゆる水太りやむくみタイプの体質の方には、黒豆茶がぴったりの飲み物だといえるでしょう。

こういった方はぜひ、黒豆茶でむくみ体質改善をしながら、冷たいものを控えたり、体を温める食材を積極的に摂ってみてください。

黒豆茶のカリウムが塩分と余分な水分を排出

また栄養学的にも、黒豆の栄養は、水太りやむくみ改善につながっていると考えられます。

黒豆にはミネラルの一種、カリウムが豊富に含まれていいます。カリウムは、塩分とともに、余分な水分を体外に排出、調整する役割があり、それがむくみによいといわれる理由のひとつです。

外食や偏った食事をされている方は、体内の塩分が余剰である場合が多いです。塩分が体内に増えると、体は塩分濃度を調整するために水分の量を増やそうとします。これがむくみにつながります。

上記心当たりがあるかたは、カリウムをしっかり摂取するとよいと思います。

参考: カリウムの食事摂取基準 18歳以上目安 男性:2,500(mg/日)女性:2,000(mg/日) 日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要:厚生労働省

ただし、注意点としては、摂りすぎに注意すること。また、体質や体の具合によって、カリウムの調整がきかない方は、摂取を控えるか、必ずお医者様とご相談のうえ、ご利用ください。

むくみや水太り体質に体を温める黒豆茶ダイエット まとめ

このように、黒豆茶が体を温める、むくみによい。といわれる理由について今日は書いてみました。

もちろん、黒豆は薬ではありませんので、確実に効果があるとはいえませんが、食事から体質改善をして、むくみ解消やダイエットができればいいですね^^

  • 黒豆は、腎の機能を高めるといわれていて、体の水の巡りや血液の流れをよくする
  • 黒豆には、カリウムが豊富に含まれていて、余分な水分を体外に排出する
  • ただし、カリウムの摂りすぎに注意しなければいけない方は、良くお医者様と相談する

黒豆茶ダイエットのことがよくわかる関連記事

購入ページ


この記事を書いた人

丹波の恵み 代表 吉岡 裕介

創業20年以上の黒豆ドリンク専門店。黒豆ドリンクのパイオニアとして、1997年にはじめて黒豆コーヒーを開発。その後、発売した黒豆ココアが楽天市場で大ヒット。黒豆茶は口コミ実績1,000件以上を記録。日々の生活の中に気軽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/▽文部科学省後援 健康管理能力検定に合格。生活リズムアドバイザー。