ノンカフェインだけじゃない黒豆茶の魅力。実はミネラルが豊富って知ってますか?

公開日:2020.06.02 / 最終更新日:2021.03.23
カテゴリ:
ノンカフェインのイメージ
ノンカフェインのイメージ

様々な理由で、ノンカフェインのお茶をお探しの方は多いものです。当店にも

「黒豆茶にはカフェインが含まれていますか?」とご質問をいただくことも多いです。

結論から書いてしまうと、100%黒豆だけで作られている純粋な黒豆茶であれば、黒豆茶はノンカフェインです。

また、ノンカフェインのお茶は他にもありますが、黒豆茶を選ぶメリットはおおいにあります。今日は、ノンカフェインの黒豆茶は、どんな方におすすめなのか、またそのメリットは?そして、黒豆茶の選び方についても徹底解説してみたいと思います。

ノンカフェインのお茶はどんな人におすすめか?

夜、なかなか寝付けない方におすすめ

夜なかなか寝付けない方は、心身が常に緊張状態で、交感神経がずっと刺激された状態で寝付けない、そんな方も多いのではないでしょうか?

そういった方は、心身の緊張を和らげ、リラックスした状態にすることが大事です。カフェインは交感神経を刺激しますから、夜カフェインの入った飲み物を飲むことは厳禁となります。ノンカフェインの飲み物があると便利です。

また、私は、このブログの中で自律神経のリズムを整えるのには、本来なら白湯がよいと書かせていただいています。白湯の効能については、下記記事で詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

>>白湯代わりに黒豆茶を飲もう。白湯にはないメリットや効果を解説

しかしながら、白湯を初めて飲む方は、とっつきにくいところもあるかもしれません。そういった方は、白湯の替わりにノンカフェインのお茶を飲むのがよいと思います。

妊婦さんにおすすめ

妊婦さんにとって、カフェインの採り過ぎはよくありません。世界保健機関(WHO)は、2001年にカフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、

お茶、ココア、コーラタイプの飲料はほぼ同程度のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけています。

参考:厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&Aより

と厚生労働省のホームページでも、カフェインに過剰摂取について注意喚起がされています。コーヒーを全く飲まないようには書かれていませんが、妊婦さんにとって、赤ちゃんを守るためにも、できる限りカフェイン入りの飲み物は控えたいところです。

そういう意味でも妊婦さんが、ノンカフェインのお茶を選ばれるというのは必然ともいえます。

ノンカフェインのお茶にはどんなものがあるか?

ノンカフェインのお茶は世の中にたくさんあります。その中でも代表的なノンカフェインのお茶をあげてみます。また念のため、カフェインが含まれているお茶もご紹介しておきます。

カフェインが含まれるお茶

  • 抹茶
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • ほうじ茶
  • 玄米茶
  • 番茶

など。基本的には、茶葉から抽出するお茶は少なからずカフェインが入っています。

ノンカフェインのお茶

  • 黒豆茶
  • タンポポ茶
  • ルイボスティー
  • そば茶
  • 麦茶
  • コーン茶

などなどです。茶葉ではないお茶以外で活用されている原料で作られているものが多いです

どんな方にノンカフェインの黒豆茶はおすすめか?

当店の黒豆茶は、ノンカフェインです。ノンカフェインのお茶は上述したとおり、たくさん種類がありますが、当店は黒豆屋ですから、黒豆茶をおすすめさせていただいています。それでは、黒豆茶はどんな方におすすめなのでしょうか?ここで解説していきます。

豊富なミネラルを摂りたいなら黒豆茶

実は、黒豆茶はミネラル群が非常に豊富なことをご存じでしょうか?具体的にあげれば、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどが豊富です。

例えばカルシウムを吸収するのにマグネシウムが役立ちますし、カリウムは余分な水分塩分を体外に排出してくれる役割があります。

黒豆茶はノンカフェインでありながら、ミネラル群がしっかり摂れるのが魅力です。特に、カルシウムやカリウムといったミネラルは現在人の私たちにとって不足しがちな栄養素ですので、ミネラル群を補いたいという方には黒豆茶はおすすめです。

ポリフェノールを摂りたいなら黒豆茶

黒豆茶の最大の特徴は、ノンカフェインでありながら黒豆ポリフェノールも摂取できることだと思います。炒り黒豆にお湯をかけてしばらくすると、黒豆の色素がお湯に溶け出しますが、これが黒豆ポリフェノールです。

ポリフェノールは体を錆びさせる活性酸素を抑制する働きがあるとされる第7の栄養素です。アンチエイジングをお考えの方にはお茶から気軽にポリフェノールを摂取できる黒豆茶を検討いただければと思います。黒豆茶でアンチエイジングの記事については下記に詳しく書いておりますので、ぜひご覧ください

>>黒豆茶が美容に良いと思う3つの理由と、その効果を高める飲み方まで解説

国産のノンカフェインのお茶を飲みたいなら黒豆茶

ノンカフェインのお茶もたくさんありますが、外国産の原料を使用しているものも非常に多いです。そういった素材を気にされない方はよいですが、体のことを考え、国産のものを飲みたいという方には黒豆茶をおすすめします。

外国産の黒豆を使用した黒豆茶も一部ございますが、安心の国産の黒豆から作られることが多いのが黒豆茶です。当店に至っては、希少な黒豆の本場・丹波産の厳選した黒豆のみを使用しています。

黒豆茶は、素材は黒豆のみであることが多く、素材によってその品質が決まるといっても過言ではありません。そのため、国産の厳選素材を使用しています。黒豆茶の選び方については、下記の記事で紹介していますので、ぜひご参考ください。

>>失敗しない黒豆茶の選び方を黒豆専門店が解説。おすすめは炒り黒豆タイプ

ノンカフェイン黒豆茶の選び方

今では黒豆茶もたくさんのメーカーから販売されています。どのメーカーの黒豆茶を選ぼうか悩んでしまいますね。

しかしあなたが体に優しいノンカフェインの黒豆茶をお求めであるなら、下記の条件にあった黒豆茶を選んでほしい

  1. 国産の黒豆茶であるかどうか?
  2. 純粋な黒豆茶であるかどうか?
  3. 炒り豆タイプの黒豆茶であるかどうか?

では、ひとつずつみていきます。

1.国産の黒豆茶であるかどうか?

外国産の黒豆や、産地のわからない黒豆を使用した黒豆茶もありますが、体のことを考えるのであれば、できれば品質でも安心できる、最高峰の本場・丹波の黒豆茶を選ぶのがベストです。

黒豆茶自体、それほど高いものではありません。当店の黒豆茶も、本場丹波産の黒豆を厳選使用していますが、それでも1袋200g1,080円で販売させていただいています。

体のことを思うなら、少し値がはってでも、品質の良い黒豆茶をぜひ、選んでみてください。

2.純粋な黒豆茶であるかどうか?

黒豆茶の中には、黒豆のほかに色々健康に良さそうな素材を混ぜたいわゆるブレンド茶も多く存在します。そういった飲み物も大体はノンカフェインだと思いますが、できれば純粋に黒豆だけで作られた黒豆茶を選択してください。

ブレンド茶は一見体に良いようにも思えますが、黒豆がどのくらい入っているかもわかりませんし、黒豆がもつ栄養素の一部しか享受できません。

黒豆茶ポリフェノールやミネラルの恩恵を受けようと考えるなら、純粋に黒豆だけを使った黒豆茶をおすすめします。

3.炒り豆タイプの黒豆茶であるか?

黒豆茶は大きく分けて、ティーバッグのタイプと炒り豆タイプの2種類があります。私たちがおすすめするのは、炒り豆タイプの黒豆茶。

どちらもノンカフェインの黒豆茶に変わりありませんが、できれば炒り豆タイプの黒豆茶を選んでほしい。

ティーバッグタイプの黒豆茶に比べて、炒り豆タイプの黒豆茶は作り置きせず、作ったらその場で飲みきれるのが特徴。黒豆茶も作り置きすれば、やはり劣化します。

新鮮な黒豆茶をいつでも好きな量を飲めるということは何よりもメリットといえます。

ノンカフェインのお茶、黒豆茶を選んでくださった方の口コミ

ノンカフェインのお茶をお探しで、当店の黒豆茶をご利用いただいている方からいただいたご感想の一部をここでご紹介させてください。

ノンカフェイン飲料をさがしておりました。黒豆茶は、ノンカフェインのうえに抗酸化作用やビタミンも豊富なようで、女性にとって嬉しい成分がたくさん!今後飲み続けたいと思いました。色が紫色で、とってもきれい。飲みやすくお勧めです!(神奈川県 O様)

妊娠中で、ノンカフェインのお茶をさがしていました。 カップひとつで簡単にお茶をつくれてとてもおいしく、お豆も食べることができて後片付けも手間がかからなくてとても気に入りました。(東京都 T様)

近頃、血圧が気になるので、気休めかもしれませんが 夕食後に熱いお茶にして飲んでいます。 ノンカフェインなので、就寝前にも飲めるのが気に入っています。(大阪府 銀狼様)

※ご感想は、お客様個人ものです。ご参考程度にお願いします。

たくさんのノンカフェインの飲み物がある中、当店の黒豆茶を選んでいただくケースも多く、本当にうれしく思っています。ノンカフェインのほかにもポリフェノールやビタミンなど豊富な栄養素が黒豆茶から摂取できるのも支持いただいている理由のひとつかと思います。

ノンカフェインのお茶なら黒豆茶を選ぼう。ミネラルも豊富です

いかがでしたでしょうか?ノンカフェインのお茶は世の中にたくさん存在しますが、黒豆茶を選ぶメリットはたくさんあります。中でもおすすめしたいポイントは、黒豆茶なら豊富なミネラルが補えるという点です。

ただし、妊婦さんは赤ちゃんともどもお体を大事にしていただかないといけません。必ずご利用下さる場合は、お医者様とご相談の上ご購入くださればと思います。私どもも、QAコーナーに黒豆茶ご利用の注意点を記載させていただいておりますので、よろしければご参考ください。

>>黒豆茶は1日どのくらい飲めばいいの?飲み過ぎても大丈夫?質問に回答するよ

ノンカフェインを選ばれる方の多くが、ご自身の体に不安を持っていらっしゃると思いますので、黒豆茶は品質の良いものを選んでいただくことをおすすめします。当店の黒豆茶は下記よりご購入をいただけます。ぜひご利用いただければと思います。

>>本場・丹波の黒豆を厳選使用。丹波黒豆茶の購入ページ


この記事を書いた人

丹波の恵み 代表 吉岡 裕介

創業20年以上の黒豆ドリンク専門店。黒豆ドリンクのパイオニアとして、1997年にはじめて黒豆コーヒーを開発。その後、発売した黒豆ココアが楽天市場で大ヒット。黒豆茶は口コミ実績1,000件以上を記録。日々の生活の中に気軽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/▽文部科学省後援 健康管理能力検定合格。健康リズムカウンセラー、生活リズムアドバイザー。2021/4/15 日本健康マスター検定試験を満点で合格。健康マスター認定