健康茶の選び方と黒豆茶

2017.08.07
カテゴリ:
黒豆茶を購入
黒豆茶購入ページへ

 

 

黒豆茶はいわゆる「健康茶」「健康食品」に分類されると思います。よくお客様からお電話いただくのは黒豆茶の効能であったりするのですが、黒豆茶は「健康食品」であり、薬ではありません。「健康」と呼ばれるので、お客様としては、何か効能があるのでは?と思われても仕方がないことだと思います。そこで今日は、「健康茶」とは何かについて、少し述べてみたいと思います。

 

健康茶とは?

健康茶とは、植物の成分を、お湯などで抽出するもので、薬ではなく、食品です。ですので、健康茶を摂取されるということは、日々の食事と一緒のことです。この事からも、健康茶には、飲んですぐに何かに効くといった即効性はありません。

昔は、「○○が治る」、「○○に効く」といった宣伝文句で、非常に高額な健康食品や健康茶も販売されていましたが、今では薬事法が改正されて、健康食品や健康茶には、効能や機能については明記できないようになっています。

ただし、その原料となる植物には、様々な栄養が含まれていることが多く、これをバランスよく摂取、続ける事で、健康維持や生活習慣の改善、体質の改善などにつながる事が期待されています。これが健康茶です。

 

健康茶の選び方

1番大事なことは、健康茶の原料となっている植物に、どんな栄養が含まれているのかを知って、自分にあった健康茶を選ばれることは大事なことだと思います。

これは個人的な意見ですが、色々な素材を混ぜたブレンド健康茶もありますが、素材がたくさん入っていればいるほど、どの素材がどのくらい入っているのかわかりませんし、あなたが期待される栄養分もどのくらい入っているのかもわかりません。(配合率が書いてあればよいですが)健康によさそうな、多くの素材がブレンドされていたら、すごく健康によさそうに思いがちですが、あなたが期待する栄養素が少ししか配合されていなければ、健康茶を飲む意義がそもそもないように思います。

私個人的には、素材はできれば1つ2つに絞り、あなたが期待される栄養素をできる限り享受したほうがよいと思っています。

また意外に見落としがちなポイントですが、飲みやすい、続けやすいお茶を選ぶことが大事です。健康茶は、自然の植物にお湯を注ぐだけのものが多いですので、中にはすごく苦いお茶であったり、おいしくない!と感じるお茶があったりします。そうなると、続かない。生活習慣や食生活の改善のために飲むのが健康茶だと思いますので、出来るだけ、「飲みやすいな」、「これなら続けられる!」といったお茶を選んで続けてみてください。

健康茶のよいところは、価格が魅力的なところにあると思います。が、なかには、珍しい素材や健康によさそうな素材を混ぜてアピールし、価値があるように見せかけて高額で売られている健康茶もあります。

しかし、冷静になって、その植物にはどのくらいの価格の価値があるのか?を考えれば、おのずとその商品が適正価格なのかどうかわかると思います。

健康茶は何百種類もあります。高い健康茶を選ばなくても、きっとあなたにあった健康茶を選ぶことができると思います。ただし、素材が大事なのも事実。健康の為にと、口に入れるものですので、安いからといって容易にその商品を選ぶのもダメだと思います。

ですので、その健康茶の素材は、よく吟味し、その価値について、自分なりに冷静に考えてみることが大事です。

 

黒豆茶について

当店の黒豆茶も健康茶といわれる部類に入ると思います。黒豆茶は、黒豆を煎ったものにお湯を注ぎ、その栄養成分を抽出して飲むものです。本場・丹波産の黒豆のみを使用したシンプルな健康茶で、普通のお茶とは違い、どちらかといえば、「白湯」に近い感覚で飲めるお茶だと思います。

参考記事:白湯に似た感覚で飲める黒豆茶

黒豆は大変栄養価の高い食品です。様々な栄養が含まれていますが、主な栄養は下記のとおりです。

  • アントシアニン

黒豆にお湯を注いでしばらくすると、お湯が綺麗な紫色に染まっていきます。これは黒豆の外皮の色素がお湯に溶け出したもので、黒豆のポリフェノール「アントシアニン」です。ポリフェノールは強い抗酸化作用があるといわれています

  • イソフラボン

黒豆を含む大豆製品にあるこちらもポリフェノールの一種です。女性ホルモンと似た働きをするといわれるイソフラボンは、女性に嬉しい成分として注目のポリフェノールです。

  • サポニン

大豆に含まれる苦み成分がサポニンです。サポニンには脂肪を分解したり、コレステロールを除去したりするといわれており、テレビでも注目された栄養素です

  • 食物繊維

皆様ご存じ、腸を綺麗にするといわれる食物繊維を、大豆も豊富に含んでいます。

  • ビタミンE,B1,B2、ミネラル

大豆には、ビタミンEやB1,B2また、ミネラルといった栄養素も豊富に含まれています。美容を気にされる女性の方に嬉しい栄養素で、女性に黒豆茶が人気があるひとつの理由になっています。

黒豆は古くから中国などで、薬として使われていたと伝えられているくらい、非常に栄養バランスがとれた食品です。上記の栄養の他にも、大豆は必須アミノ酸スコアが非常に高い食品ですので、お茶を飲んだ後も食べていただいて、黒豆の栄養を余すことなく摂取いただきたいと思います。

 

           

↓こちらからご購入いただけます

商品名 丹波黒豆茶(炒り黒豆)
販売価格(税込) 130g:650円
200g:1,080円
原材料 丹波黒大豆(京都丹波産)
内容量 130gと200gの2タイプ
賞味期限 製造日から6カ月
保存方法 高温多湿を避けて、開封後は密閉容器に入れて保存してください。
個数

※サイズのお間違いにご注意ください。

こちらの商品は3個まで速達メール便でお届け送料300円

(?)送料について

この記事を書いた人

丹波の恵み
丹波の恵み

黒豆の本場・京都丹波で、創業20年。
黒豆屋としては非常に珍しい、黒豆の健康ドリンク専門店です。
 
日本で初めて開発した黒豆ココアは、楽天市場で大ヒットを記録。
また、炒り豆タイプの黒豆茶は、口コミ実績が1000件以上を記録する等
注目され、メディア掲載も多数。
 
栄養価の高い黒豆を、日々の食生活に採り入れていただけるよう
創意工夫を続けています

 

黒豆茶の詳細ページはこちらから

※口コミは個人のご感想です。また、記事は筆者が独自で勉強して書いているものです。どうぞご参考までにお願いします。