白湯に似た感覚で飲める黒豆茶

2017.07.02
カテゴリ:

白湯イメージイラスト

黒豆茶でいただく感想の中に、よく「白湯」と似た感覚で飲めるお茶ですね。といただきます。このご感想は、「よく当店の黒豆茶のことを表してくださっているな~」と思います。

当店の黒豆茶は、炒った黒豆にお湯を注ぐだけのシンプルなお茶ですので、黒豆のほんのりとした甘味がお湯に溶け出す、白湯に似た感覚で飲めるお茶なのかもしれません。

 

色々な楽しみ方ができ、親子で毎日おいしくいただいています。幼い息子たちはそのままおやつに。私は毎日職場で白湯を飲んでたのを黒豆茶に、おやつはせんべいやチョコから膨らんだ黒豆に変えました。おやつが膨らんだ豆では足りなければ、さらにそのままボリボリとつまんでいます(笑)元々黒豆が大好きでよく買ってきましたが、ズボラな私は自分で炊くのは面倒で、必要のない調味料や添加物が入った市販の煮豆などを食べていました。この商品は、色々なアレンジがきくし、私のようなズボラさんでも気軽に毎日楽しめます。ジップがついてるので、どこにでも持っていけるのも嬉しいです。(三重県 かな様)

毎朝お茶を飲んでいますが、あとは面倒で白湯を飲んでいました。でも、簡単に黒豆茶が作れると知り、飲むようになりました。味も私には美味しく感じられるし、何より家族からの要望で黒豆ごはんを作らなくなったので、代わりに私一人血液サラサラを信じて飲んでいます。(千葉県 S様)

毎朝お白湯を飲んでいましたが、黒豆茶に変えました。香ばしく、柔らかな飲み口で一日の始まりにとても気に入っています。(神奈川県 アン様)

煎じて飲んでいますが、美味しいです。此のところ緑茶が少々キツイと思う事が多くなり、水や白湯を飲む事が多くなっていましたが、多分気に入りそうだな、と思い購入しましたが、思ったとうりで気に入りました。一袋を飲み終わるところですが、便通も以前より快適になっているかな、とも思っています。(長野県 まめすきちゃん様)

白湯とは

白湯とは、沸騰したお湯を50~60度くらいに冷ましたものをいいます。コップ一杯をゆっくりと時間をかけて飲むのがよいようです。白湯の効能については、色々言われているようですが、体を温めるという点でも良いようですね。飲み方についても、黒豆茶は、よく白湯に似ています。

黒豆茶の飲み方

黒豆にお湯を注ぎます

  1. 沸騰したお湯を黒豆に注いで、蓋をして少し時間をおきます。
  2. 2,3分置いてから蓋をとると、黒豆の色素がお湯に溶け出し綺麗な紫色になります。これが黒豆ポリフェノール(アントシアニン)です。
  3. もう少し時間を置くと、よりポリフェノールがお湯に溶け出します。少し冷めた状態で、黒豆茶を、ゆっくりとお楽しみください

というように、黒豆茶も時間を少し置いてからいただく点、白湯と似ています。白湯は湯冷ましともいいますが、「黒豆茶冷まし」ですね。

ぜひ、黒豆の自然の甘味を感じられる当店の黒豆茶、一度、お試しください^^

 

            

↓こちらからご購入いただけます

商品名 丹波黒豆茶(炒り黒豆)
販売価格(税込) 130g:650円
200g:1,080円
原材料 丹波黒大豆(京都丹波産)
内容量 130gと200gの2タイプ
賞味期限 製造日から6カ月
保存方法 高温多湿を避けて、開封後は密閉容器に入れて保存してください。
個数

※サイズのお間違いにご注意ください。

こちらの商品は3個まで速達メール便でお届け送料300円

(?)送料について

この記事を書いた人

丹波の恵み
丹波の恵み

黒豆の本場・京都丹波で、創業20年。
黒豆屋としては非常に珍しい、黒豆の健康ドリンク専門店です。
 
日本で初めて開発した黒豆ココアは、楽天市場で大ヒットを記録。
また、炒り豆タイプの黒豆茶は、口コミ実績が1000件以上を記録する等
注目され、メディア掲載も多数。
 
栄養価の高い黒豆を、日々の食生活に採り入れていただけるよう
創意工夫を続けています

 

黒豆茶の詳細ページはこちらから

※口コミは個人のご感想です。また、記事は筆者が独自で勉強して書いているものです。どうぞご参考までにお願いします。