黒豆茶はティーパックを買う?いいえ、炒り豆タイプがおススメです

2018.03.23
カテゴリ:

黒豆茶は、今ではたくさんの会社から販売されていますが、その多くがティーパックです。それに対して、当店は創業当時から炒り豆タイプの黒豆茶をご提供させていただいております。なぜ当店がティーパックではなく、炒り豆タイプをご提供しているのか、また、おススメする理由について、今回は書かせていただきたいと思います。

まずは、非常に多くのお客様から炒り豆タイプの黒豆茶について、温かいご感想をいただいておりますので、ご紹介させていただきます。

妊娠を気に黒豆茶にはまり、豆まで食べれる美味しい物を探していました。市販のものは炒りが強すぎて苦かったり、ティーパックの物が多くて思うような商品には出会えなかったのですが、ネットで偶然、丹波黒豆茶に出会いこれだ!と思って即購入。思った通り!豆自体が本当に美味しくてお茶は毎日数回飲み、豆もそのまま食べたり御飯に入れたりして楽しく頂いています。(石川県 やちみ様)

娘のリクエストで黒豆茶を探していて。
今までは ティーパック?になった黒豆茶を淹れていたのですが。黒豆5粒に お湯を注ぐだけで とっても美味しい!と喜んで愛飲させて頂いています。
毎朝と夜に …楽しみにしているようです。
その中の黒豆も とっても美味しかったので、今度 黒豆御飯を炊いてみたいと思っています。(神奈川県 オンちゃん様)

安価と思われるティーバッグの黒豆茶を初めてレストランで飲み、かなり気に入り、本物の味を味わいたいと思い貴社にお送り頂いた次第です。ごまかしのない本物とはこういうものなんだという満足感が味わえました。息子夫婦にもひと袋をおすそ分けしたところ驚くほど感激してました。引き続きお世話になると思いますのでよろしくお願い致します。(東京都 E様)

とても美味しく、ティーパックになっていないので、好きな量をその都度入れられて、とても使いやすいです。(大阪府 K様)

ティーパックの物を使っていましたがそれより味わいあり後の黒豆も食べる事が出来、黒豆のパワーをしっかりとれてるなぁと感じます。(愛知県 ちゃんちゃん様)

お客様の声からも、炒り豆タイプの黒豆茶を喜んでいただけている様子がよくわかります。次に炒り豆タイプの黒豆茶のメリットについて書いてみたいと思います^^
 

炒り豆タイプの黒豆茶を選ぶメリット

1.黒豆の「豆そのもの」が味わえる

炒り豆タイプの黒豆茶

炒り豆タイプの黒豆茶は、炒った黒豆にお湯を注ぐだけのシンプルなものです。ブレンドした黒豆茶や、ティーパックの中に入った黒豆茶では味わえない、「豆だけの味」をお楽しみいただけるのが大きな特徴です。豆そのものの甘味であったり、素材を味わえる。

当店は、素材にこだわり、黒豆の中でも最高級とされる丹波の黒豆のみを使用しています。お客様からも、「豆そのもの」の味がとっても美味しかったとご感想をいただくことも多いです。素材の味を最大限にお楽しみいただけるのが、炒り豆タイプの黒豆茶です^^
 

2.好きな量を調節して作ることができる

黒豆にお湯を注ぎます

ティーパックの黒豆茶の多くは、1日1パック使用し、「30日分」というようになって売っているものが多いかと思います。作り置きにしたり、ティーバックなので何度か使用し使い切るタイプなどがあると思います。

しかし、当店がおススメする黒豆茶の飲み方は、好きな時に、好きな量で、黒豆茶を飲んでいただくというものです。黒豆茶をご利用いただくお客様は、黒豆ポリフェノールを摂取したいという方が多いのですがが、ポリフェノールは、一度にたくさん摂取したり、1日にたくさん飲むのではなく、少量をこまめに摂取いただくのがおススメです。炒り豆タイプの黒豆茶なら、好きな時に、好きな量に調整して、お湯を注ぐだけ。簡単に黒豆茶を作ることができます^^

参考:黒豆茶は1日何杯くらい飲めばよいの?
 

3.黒豆を食べることができる

黒豆を食べる

なんといっても、飲んだ後の黒豆を食べることができる。これが炒り豆タイプの魅力です。黒豆ポリフェノールはお湯に溶けますので、お茶として飲んでいただくのはおススメです。しかし、お茶として飲んだ後の黒豆にも、まだ栄養が残っています。これを捨ててしまうのはもったいないですよね^^

東洋医学の世界に、「一物全体」という言葉があります。食べ物の一部だけを食べるのではなく、全部を食べなさいという考え方です。黒豆にはポリフェノールの他にもたくさんの栄養素が豊富に含まれています。ぜひ、残さずに黒豆を食べてみましょう。お茶にした後の黒豆は、ぶどうの粒のように膨らみ、食べごたえも十分で、少量でも、ちょっとした満腹感を得ることもできます^^

参考:黒豆茶おすすめの選び方
 

4.黒豆ご飯にできる

黒豆ご飯

これ、結構おススメなんですが、炒り豆タイプの黒豆茶なら、黒豆ご飯を簡単に作ることができます。ご飯を炊くときに一緒に炒り豆を入れて、普通にご飯を炊いていただくだけの簡単レシピです^^

黒豆は良質のたんぱく源。必須アミノ酸スコアが非常に高いのですが、やや不足するのが含硫アミノ酸だそうです。これを補ってくれるのがご飯なんです^^栄養的にも黒豆とご飯の相性は非常にいいんですね。炒り豆タイプなら、黒豆茶としてはもちろん、黒豆ご飯も楽しむことができますね^^

参考:黒豆ご飯は理想のアミノ酸バランス。梅干し入りが最高です
 

出来れば、炒り豆タイプの中でも、大粒の黒豆を選んでください。大粒の黒豆なら、炊くと、ぶとう豆といわれるほど大きく黒豆がふくらみ、歯ごたえ十分で、とっても美味しい黒豆ご飯ができます♪

まとめ

というわけで、今日は炒り豆タイプの黒豆茶をおススメする理由について書いてみました。炒り豆タイプの黒豆茶。ぜひ当店の、黒豆茶を一度、ご利用ください^^

 

           

↓こちらからご購入いただけます

商品名 丹波黒豆茶(炒り黒豆)
販売価格(税込) 130g:650円
200g:1,080円
原材料 丹波黒大豆(京都丹波産)
内容量 130gと200gの2タイプ
賞味期限 製造日から6カ月
保存方法 高温多湿を避けて、開封後は密閉容器に入れて保存してください。
個数

※サイズのお間違いにご注意ください。

こちらの商品は3個まで速達メール便でお届け送料300円

(?)送料について

この記事を書いた人

丹波の恵み
丹波の恵み

黒豆の本場・京都丹波で、創業20年。
黒豆屋としては非常に珍しい、黒豆の健康ドリンク専門店です。
 
日本で初めて開発した黒豆ココアは、楽天市場で大ヒットを記録。
また、炒り豆タイプの黒豆茶は、口コミ実績が1000件以上を記録する等
注目され、メディア掲載も多数。
 
栄養価の高い黒豆を、日々の食生活に採り入れていただけるよう
創意工夫を続けています

 

黒豆茶の詳細ページはこちらから

※口コミは個人のご感想です。また、記事は筆者が独自で勉強して書いているものです。どうぞご参考までにお願いします。