筆者の健康診断の検査結果を掲載中!→詳しく見る

黒豆茶

黒豆茶の購入をはじめて検討されている方に、黒豆茶の選び方から作り方、飲み方までわかりやすくご紹介します。

黒豆茶

第6回 黒豆ご飯は理想のアミノ酸バランス。梅干し入りが最高です

当店の黒豆茶は、煎り豆タイプですので、黒豆茶としてはもちろんですが、黒豆ご飯を簡単に作ることができるのが魅力です。作り方は非常に簡単で、ご飯と一緒に、煎り豆を一緒に炊いてもらえばよいのですが、そこに一工夫。梅干を入れていただくことで、非常に美味しい黒豆ご飯を作ることができます。
黒豆茶

第5回 黒豆茶の効果的な飲み方とは?

「黒豆茶は、1日にどのくらい飲んだらいいの?」黒豆茶の飲み方について、よくご質問をいただきます。黒豆茶をご利用くださる方の多くは、黒豆にお湯を注ぐことで、溶け出すポリフェノールを摂取したいという方が多いと思いますが、このポリフェノールは一度にたくさん飲めばよいものではないそうです。
黒豆茶

第4回 黒豆茶ならポリフェノールを簡単に摂取できる

ポリフェノールは、色々な食品から摂取できます。例えばポリフェノールの一種、アントシアニンは赤ワイン、ブルーベリー、なすといった食品からも摂取できますが、黒豆なら、黒豆茶にして、お茶から簡単にアントシアニンを摂取できます。
黒豆茶

黒豆茶はティーパックを買う?いいえ、炒り豆タイプがおススメです

黒豆茶は、今ではたくさんの会社から販売されていますが、その多くがティーパックです。それに対して、当店は創業当時から炒り豆タイプの黒豆茶をご提供させていただいております。なぜ当店がティーパックではなく、炒り豆タイプをご提供しているのか、また、おススメする理由について今回は書かせていただきたいと思います
黒豆茶

第3回 黒豆茶の作り方

黒豆茶の購入を検討いただいている方の中には「黒豆茶って簡単に作れるの?」といった疑問や、「黒豆茶を作るのって面倒じゃないの?」といった疑問をお持ちの方も多いと思います。そういった方にもわかりやすい黒豆茶の作り方について、今日は参考になる記事を書こうと思います。
黒豆茶

第2回 黒豆茶おすすめの選び方

黒豆茶には大きく分けて2つのタイプがございます。ティーバック、炒り黒豆。多くの会社が販売しているのが、ティーバックタイプですが、当店は「炒り黒豆タイプ」で黒豆茶をお届けしています。今からその理由についてや、黒豆茶のおすすめの選び方について、私の独自の観点になりますが、お話したいと思います。
黒豆茶

第1回 どこの産地の黒豆茶を選ぶべきか?

黒豆を買う時、「どこの黒豆を買うのがよいだろう?」と迷われる方も多いかと思います。今では色々な産地で黒豆は作られるようになりましたが、黒豆茶の産地を考えるなら、やはり、本場・丹波産の黒豆を選びたいものです。
タイトルとURLをコピーしました