筆者の健康診断の検査結果を掲載中!→詳しく見る

第3回 黒豆茶の作り方

黒豆茶のポリフェノール 黒豆茶
この記事は約4分で読めます。

黒豆茶は気軽にポリフェノールを摂取できるため、当店でも大変人気があります。お買上げいただきましたお客様には、飲み方についてメールでアドバイスさせていただいておりますが、これから黒豆茶の購入を検討いただいている方の中には、

「黒豆茶って簡単に作れるの?」といった疑問や、「黒豆茶を作るのって面倒じゃないの?」といった疑問をお持ちの方も多いと思います。

そういった方にもわかりやすい黒豆茶の作り方について、今日は参考になる記事を書こうと思います。

黒豆茶には、ティーバックタイプと炒り豆タイプの2タイプがございますが、当店の黒豆茶は炒り豆タイプになります。これからご説明するのは、炒り豆タイプの黒豆茶です。

黒豆茶は自分でも作ることができるが手間がかかる

まず参考にですが、炒り豆タイプの黒豆茶は、ご自身で作ることもできます。生の黒豆をフライパンでじっくり炒ることで、黒豆茶を手作りすることが可能です。多くのレシピサイトで、「黒豆茶」で検索してみてください。作り方がたくさん掲載されているかと思います。

しかし多くの方は、市販の黒豆茶をご利用です。

理由は、作るのには、やはり手間がかかること。それから、健康のために飲むからには、品質のよい黒豆茶を飲みたいという方が多く、品質の良い本場の黒豆を入手することが、なかなか難しいことも理由かと思います。

そして最大の理由は、ご家庭で黒豆を炒るのと、専用の焙煎機で炒るのでは、黒豆茶の特徴であります「香ばしさ」が少し劣るため、どうしても市販の黒豆茶をご購入されるケースが多いと思います。

当店の黒豆茶は、本場丹波で創業しております私どもが、本場丹波産の黒豆を厳選し、炒りあげた黒豆を使用しますので、すぐに黒豆茶を作ることが出来る点がメリットです。

また、当店の黒豆茶は産地証明を取得した、本場・丹波産の黒豆のみを使用しておりますので、品質もご安心していただけるかと思います。

炒り豆タイプで簡単♪黒豆茶の作り方

それでは、炒り豆タイプの黒豆茶の作り方をご案内します^^

黒豆にお湯を注ぎます

1.当店の黒豆茶は、すでに炒った黒豆ですので、そのままお湯のみの中に5~7粒入れて熱湯を注いでください。※熱湯には十分気を付けてください。

黒豆茶に蓋をする

2.蓋をして、中の黒豆を蒸らします。

黒豆茶のポリフェノール

3.2、3分待つと、お湯にポリフェノールが溶け出していますので、これで完成です。とっても簡単ですね♪

黒豆を食べる

4.飲み終わった後の黒豆は食べられます。ぜひ、食べてください^^

黒豆茶の飲み方のポイントは、2つあります。

黒豆茶は、黒豆の色素である黒豆ポリフェノールを摂取したいというお客様が多いです。ポリフェノールをよりよく抽出するためには、お湯のみに蓋をすること。こうすることで、お湯にポリフェノールがよく溶けだします。

もうひとつのポイントは、飲み干した後の黒豆をぜひ食べてみてください。という事。黒豆茶として飲んだ後の出がらしにも黒豆の栄養は、まだ残っています。なかなか豆類を日常の食生活に採り入れるのも難しいかと思いますので、飲んだ後の黒豆は食べることを習慣化すれば、豆類を気軽に摂取することができます。

お客様の声を紹介します

丹波の恵み
丹波の恵み

当店の黒豆茶をご利用いただいた方からも、とても簡単に黒豆茶が作れるとの声をたくさんいただいていますので、ご紹介させていただきますね

黒豆茶は豆を湯呑みに入れて熱いお湯を注いで待つだけで出来るので、とても簡単で、しかも美味しいです。

(兵庫県 あんちゃん様)

黒豆茶は、手軽に飲む事が出来てとても良いです。又、お茶の豆も柔らかく美味しいでした。水筒に黒豆を入れ、お湯を注ぎ持ち歩いています。簡単に作れてとても楽です。

(神奈川県 H様)

鍼灸院で、黒い食べ物が体にいいと聞いて、黒豆茶に興味を持ちました。御社の黒豆茶は、豆にお湯を注ぐだけで、最後には豆も食べられるので、手軽においしく無駄なく頂けました。効果はまだわかりませんが、継続していれば実感できると信じています。

(高知県 しのまる様)

黒豆茶の作り方 まとめ

  • 黒豆茶は、ご自身で手作りすることもできます。
  • しかし、多くの方は、市販の黒豆茶を購入されています
  • 炒り黒豆茶なら、お湯を注ぐだけで簡単に黒豆茶を作ることができます
  • 飲み方ポイント1.お湯のみに蓋をして、よく蒸らしてポリフェノールがお湯に溶け出すのを待つこと。
  • 飲み方ポイント2.残った黒豆の出がらしにも栄養が残っているので食べること。

中でも黒豆茶の飲み方はポイントですね。次回では、お待たせしました。黒豆茶ポリフェノールを効率的に摂取する方法について、書いてみたいと思います^^

プロフィール
この記事を書いた人

黒豆の本場・京都丹波の黒豆専門店「丹波の恵み」です。黒豆屋としては大変珍しい、黒豆健康ドリンクの専門店として創業20年^^楽天市場では、黒豆ココアが大ヒットを記録。黒豆茶は口コミ実績1000件以上。日々の生活の中に気楽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/

メディア掲載履歴:
○テレビ:
NHKテレビ(ニューステラス関西)
○雑誌:
Discover Japan
25ans「ヴァンサンカン」 他

黒豆を活用した食事制限で、健康診断の結果を大幅に改善した
私の健康診断結果を、大公開中です!

>> 健康診断結果を公開中!

丹波の恵みをフォローする
黒豆茶
丹波の恵みをフォローする
黒豆ポリフェノール ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました