本場の黒豆ドリンクが650円から 丹波の恵みサイトへ

黒豆と糖尿病(医療ライター執筆)

この記事は約7分で読めます。

インスリンの働く環境の悪化が糖尿病!筋肉量と筋力の増加がその環境を改善させる

みなさんが考える健康とは、バランスのとれた食事に日々の適度な運動ですよね。このように考えるみなさん、いま健康に良いとされる何かをしていますか。
何かとは、栄養の補助、病気の予防、美容への効果、ダイエットへの効果、老化の予防などであります。それは本当に効果がありましたか。
もしかして、栄養の摂り過ぎ、栄養の偏り、栄養不足になっていませんか。さらに、身体に良い栄養素を摂っているから、運動しなくてもいいと考えていませんか。

いま、日本の糖尿病患者さんは、どんどん増え続けています。2016年の「糖尿病と強く疑われる人」が1,000万人を突破、その「糖尿病の可能性が否定できない人」が1,000万人超といわれています。つまり6人に1人が糖尿病にかかっている可能性があるのです。また糖尿病になる人は、40代から増えていると厚生労働省が「国民健康、栄養調査」で報告しています。さらに高齢であると糖尿病にかかる人が増えるといわれています。
なぜ、みなさんは身体に良いといわれることを実行しているのに、糖尿病が増えているのでしょうか。こんなことを考えたことがありませんか。

ここでは、最新の糖尿病に関する研究を紹介し、考えた食生活こそが糖尿病の予防になることを解説します。

みなさんが知っていいる糖尿病とは

糖尿病には、1型と2型があることをご存知ですか。1型糖尿病は、子供のころに発症する人が多く、血糖値を下げるためのインスリンが膵臓で作られなくなる病気です。2型糖尿病は、暴飲暴食や運動不足などが原因となりインスリン機能低下やインスリン不足によっておこる病気です。2型糖尿病が全体の90%以上を占めています。
糖尿病の診断基準は、空腹時血糖値126mg/dl・75g経口ブドウ糖負荷試験2時間血糖値200mg/dl・HbA1c6.1%以上などになっています。また空腹時血糖値110〜125mg/dl・75g経口ブドウ糖負荷試験2時間血糖値140〜199mg/dlが糖尿病境界型となっており、簡単にいうと予備群です。健康診断をしたときの数値を、もう一度、確かめてみましょう。
それから糖尿病になると怖いのが、網膜症・腎症・神経症の3大合併症です。簡単にいうと、失明・透析。壊死などになります。さらに、心筋梗塞・脳梗塞・認知症・がん・インフルエンザ・肺炎などになりやすいとも考えられています。糖尿病は、すごく怖い病気なのです。
現在、糖尿病患者さんは320万人以上いるといわれています。これは、あくまでも治療をされている人たちのことで、潜在的には1000万〜2000万人いるのです。

いま増えている糖尿病のタイプは、栄養不足と運動不足が原因

ここまでは、一般的な糖尿病としてテレビや雑誌などで頻繁に耳にしているはずです。
ところが、いま65歳以上の人に増えている糖尿病は、栄養不足で運動不足の人に増えているのです。
ここで、なぜ栄養不足が登場するのか疑問に思う人がいるはずです。いままでの糖尿病は、栄養の摂り過ぎ・甘い物の摂り・お酒の飲み過ぎなどのカロリオーバーが原因とみなさんは思っていたからです。

現在、老化現象が糖尿病の原因の1つに考えられています。それは、加齢によって足腰などの筋肉が少なくなり、インスリンが血糖値を下げられなくなることです。通常、インシュリンは、炭水化物からブドウ糖になったエネルギーを肝臓や筋肉に貯蔵する働きをもってから、血液中の血糖値を下げることができます。ところが老化現象で筋肉量が少ないと、ブドウ糖を貯蔵するところがなくなり処理できずに血糖値が上昇します。つまり、筋肉量が少なくなっている高齢者は糖尿病になりやすいのです。
この原因となるのが、筋肉を作るためのたんぱく質が身体のなかで減少することです。たんぱく質は、筋肉を作る材料で食べ物から摂らなくてはいけない3大栄養素の1つです。さらに筋肉は、たんぱく質で作られるためにブドウ糖のエネルギーで動かして鍛えなくてはなりません。高齢になると全体的に食事量が減るため、このような減少が起こるのです。現在、老化現象は病気の1つと考えられサルコペニアと呼んでます。

糖尿病予防のためにたんぱく質と炭水化物を摂りましょう

いま、身体のなかに入るたんぱく質や炭水化物の量が減ると糖尿病になる可能性が高くなると考えられています。これは、加齢を理由に疲れるから動きたくなくなる、だからお腹が減らないから食べない、動かないから食べると糖尿病になると高齢者やその家族などが思い込んでいるからです。

たんぱく質は、肉・魚・卵・大豆・黒豆などに多く含まれています。炭水化物は、ご飯・パン・うどん・ジャガイモなどに多く含まれています。これらは高齢になると、食べる量が減るため不足しがちな栄養素になると、むかしからいわれています。まさか栄養不足が糖尿病になると思っていなかったはずです。これからは、高齢になっても栄養にバランスを考えた食生活とエネルギーを燃焼させて筋肉量を増やす運動を心掛けましょう。

運動は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動とレジスタンス運動といわれる筋肉を鍛えるスクワットやトレーニングなどがあります。でも、心臓や肺に持病がある人は医師に相談してから運動しましょう。

良質なたんぱく質を含んでいるのは丹波の黒豆

不足しがちなたんぱく質には、肉や魚などの動物性のもの、大豆などの植物性のものがあります。当然、栄養不足にならないために動物性たんぱく質を摂ることを考えますが、毎日手軽にたんぱく質を摂れるのが大豆です。これは、豆腐や納豆を食卓に並べることができます。しかし、納豆ではワーファリンという血栓予防の薬などを服用していると食べることができません。そこで登場するのが丹波の黒豆です。黒豆の摂り方を工夫して、黒豆茶、黒豆ココア、黒豆きな粉にすれば、いつでも好きな時間にたんぱく質を摂取でき、持ち歩くこともできます。たんぱく質と炭水化物をしっかり摂って、たくさん運動して糖尿病にならない身体作りをしましょう。

参考文献
科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン
平成28年度国民健康・栄養調査結果の概要 厚生労働省
Arch Phys Med Rehabil. 2005 Aug;86(8):1527-33.
Diabetologia. 2014 Sep;57(9):1789-97. 

参考文献URL
糖尿病情報センター 高齢者と糖尿病
http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/080/070/01.html
平成28年度国民健康・栄養調査結果の概要 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/kekkagaiyou_7.pdf

The relative benefits of endurance and strength training on the metabolic factors and muscle function of people with type 2 diabetes mellitus.
Arch Phys Med Rehabil. 2005 Aug;86(8):1527-33.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16084803

Impact of different training modalities on glycaemic control and blood lipids in patients with type 2 diabetes: a systematic review and network meta-analysis.
Diabetologia. 2014 Sep;57(9):1789-97.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24996616

糖尿病情報センター 高齢者と糖尿病
http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/080/070/01.html

この記事を書いた人

ショースケ

ショースケ

農獣医学部卒 外資系製薬メーカー勤務のフリーランス。
健康・糖尿病・がんに関するコラムやブログを多数執筆中の医療ライター

医療ライターとして、科学的根拠を基づいた真実を記事をお届けしています。

 

※口コミは個人のご感想です。また、記事は筆者が独自で勉強して書いているものです。どうぞご参考までにお願いします。

プロフィール
この記事を書いた人
丹波の恵み

黒豆の本場・京都丹波の黒豆専門店「丹波の恵み」です。黒豆屋としては大変珍しい、黒豆健康ドリンクの専門店として創業20年^^。楽天市場では、黒豆ココアが大ヒットを記録。黒豆茶は口コミ実績1000件以上。日々の生活の中に気楽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/

※掲載中の口コミは個人のご感想です。また、記事は筆者が独自で勉強して書いているものです。どうぞご参考までにお願いします。

丹波の恵みをフォローする
黒豆ドリンク ランキング
黒豆茶
黒豆茶

丹波産の大粒の黒豆を厳選使用した、丹波産炒り黒豆。ほとんどの会社が、ティーバックの黒豆茶を販売していた当時から、当店は、飲んだ後、食べられる「飲んで食べられる」黒豆茶を提供しています。口コミ実績が、なんと1,000件以上!を誇る 当店人気No1商品です。

黒豆ココア
黒豆ココア

元祖・黒豆ココアです^^。黒豆ココアを日本で初めて開発・ヒットさせたのは、当店。丹波産黒豆と大納言小豆、オランダ産ココアをブレンドした無糖なのに美味しいココアは、ロングセラー商品です^^

黒豆きな粉
黒豆きな粉

当店の黒豆きな粉は、丹波産黒豆と大納言小豆、沖縄産の黒糖をブレンドした、口の中でとろける微粉末にした高級きな粉です。腸内環境を整えるのに最適。常識にとらわれず、黒豆きな粉をヨーグルトと混ぜて食べていただくことをご提案しています。

健康コラム黒豆
丹波の恵みをフォローする
丹波の恵み ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました