筆者の健康診断の検査結果を掲載中!→詳しく見る

黒豆茶は冷え症にもいいの?

黒豆は冷え症にもいいの? 黒豆茶の効能
この記事は約4分で読めます。

黒豆茶に期待される効能では、冷え症を改善したいという方が非常に多いです。当店がアンケートさせていただいた結果でも、黒豆茶で冷え症を改善したいと思っていらっしゃる方は、アンケート中4位ですが、実に100名を超える方が黒豆茶に冷え症改善を期待されていらっしゃいます。黒豆茶は、健康茶です。目にみえる劇的な効能はありませんが、薬に頼ることなく、体質を改善して冷えを解消したいという方にお求めいただいているのだと思います。

黒豆茶 冷え症に関するご感想

当店には、毎月お客様からたくさんのご感想をいただきます。まずは、当店に寄せられた声を一部ですが、ご紹介させていただきます。

夜寝る前のリラックスタイムにお茶にして飲んでいます。全身温まるので、冷え症にも効きそうです。最後に残った黒豆もおいしく頂いています。また、ちょっとしたおやつ代わりに、生のまま食べたりしています。香ばしくておいしいです。(東京都 のぞみ様)

こちらの黒豆茶はクセがなく、とても飲みやすかったです。便秘も解消され、冷えもなくなりました。続けたいと思っています。(新潟県 かいかいマンマ様)

私は黒豆茶を夏でもホットで飲んでます。意外と夏も冷え性の私にはありがたく、寝る前は必ず飲んでます。そのおかげか、だいぶ冷えが改善されました。これからも生活の中に取り入れていきます!(鹿児島県 しーちゃん様)

雪国なので、冷えないように気を使っています。
会社のお茶の時間に、カップに豆とお湯を入れるだけなのでとても便利に利用しています。苦くないので、豆かんでも作りたいな。(長野県 はな様)

黒豆茶の「黒」は体を温める

東洋医学の世界では、「黒」い食べ物は体を温めるとされ、黒豆は、漢方に関する書物でも様々な効能があるとされています。東洋医学の世界で血の巡りをよくすることを「活血」というそうですが、黒豆の活血作用についても、複数の書物で確認されています。このように黒豆は昔から体を温める食べ物としてよく知られています。

私自身、健康を留意するうえで、大切に考えているのが「血流」であったり「血管」であったり血に関する健康です。血の巡りをよくする、血管を強化することは、冷え対策にも直結すると思っています。

黒豆は、血流をよくするポリフェノールやビタミンE、血管を作るたんぱく質も非常に豊富で良質です。

ですので、黒豆茶は、ティーバックで、飲んであとの黒豆を捨ててしまうのではなく、飲んだ後の黒豆も食べて、黒豆全ての栄養を残さず体に摂り入れてください。

東洋医学には「一物全体」という言葉があり、これは食べ物全体を捨てることなく全てを食べよという考え方があります。全てが使えるということですね。ぜひ、飲んだ後の黒豆は食べてみてください。

毎日飲んでいるお茶や、寝る前に飲むお茶を黒豆茶にすることで、じょじょに体質改善をしてみてください。

夏でも温かい黒豆茶

暑い夏場、エアコンや、冷たい飲み物などにどうしても頼ってしまいがちです。エアコンについては、職場全体にエアコンがきいており、ご自身で調整できないという場合もあるかと思います。でも体を冷さないためには、夏でもできる限り温かい飲み物を飲むようにしてみましょう。

黒豆茶は作り置きしておいて冷蔵庫に冷やして保存もできますが、冷えに悩んでいらっしゃる方は夏でもできるだけ、温かい黒豆茶を摂取することをおすすめします。

上記の口コミでは、しーちゃん様からも、「黒豆茶は夏でもホットで飲んでいる」とご感想をいただきました。

補足すると、どちらかというと、熱すぎる黒豆茶を飲むよりも、少し冷ましてから適温で飲む。「白湯」を飲む感覚で、黒豆茶を飲んでいただくのが、自律神経もよいリズムを保てると思いますし、私どものおすすめの飲み方です

白湯よりも黒豆茶がおすすめな理由
黒豆茶でいただく感想の中に、よく「白湯」と似た感覚で飲めるお茶ですね。といただきます。このご感想は、「よく当店の黒豆茶のことを表してくださっているな~」と思います。

冷え症対策。特に腸を温めましょう

人間は、上半身より下半身のほうが体温が低く、冷えやすいです。

血流が停滞すると、冷えが起こります。ゆるめのお湯にゆったりとつかる半身浴がよいのは、よく聞かれると思いますが、お腹(腸)を温めることは、おすすめです。

特に女性の方は、腹巻をされるのがおすすめです。私の家内も、愛用していた冷え対策グッズです。夏でもお腹が冷えないように腹巻をしていたことをよく覚えています。

腸は体全体の健康を考えるうえでも極めて重要です。腸が冷えて、思うように活動できないと、体全体にも不調が起きやすいです。特に女性にとっては、腸の冷えはあらゆる不調につながることがあるようですので、その対策としても腹巻は有効です。

そして、腸を温めるという意味でも、黒豆茶を健康茶としてご活用いただければなとと思います^^

黒豆茶は、お茶で気軽に冷え対策ができるのでおススメですが、冬は、黒豆生姜ココアを飲んでいただくのがおすすめです。下記記事、よろしければご参考ください。

黒豆生姜ココアが、冷え対策に最強の飲み物【第5回 】
生姜は、体をぽかぽかにしてくれる食材としてよく知られていますね。一方のココアも、体をぽかぽかにしてくれる飲み物としてよく知られています。生姜とココアの組み合わせ「生姜ココア」は、実に相性抜群で、とても美味しく召し上がっていただけるホットな飲み物としておススメです。

まとめ

  • 東洋医学では「黒」の食べ物は体を温めるといわれる
  • 黒豆茶はポリフェノールやビタミンEなど血流改善の栄養素が豊富で、冷えの体質改善にもおススメの健康茶
  • 飲んだ後の黒豆を残さず食べて、黒豆全部の栄養を摂る
  • 夏でも温かい黒豆茶を飲むのがおススメ
  • 半身浴や腹巻で、下半身を温める。腸を温めることは特に重要
プロフィール
この記事を書いた人

黒豆の本場・京都丹波の黒豆専門店「丹波の恵み」です。黒豆屋としては大変珍しい、黒豆健康ドリンクの専門店として創業20年^^楽天市場では、黒豆ココアが大ヒットを記録。黒豆茶は口コミ実績1000件以上。日々の生活の中に気楽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/

メディア掲載履歴:
○テレビ:
NHKテレビ(ニューステラス関西)
○雑誌:
Discover Japan
25ans「ヴァンサンカン」 他

黒豆を活用した食事制限で、健康診断の結果を大幅に改善した
私の健康診断結果を、大公開中です!

>> 健康診断結果を公開中!

丹波の恵みをフォローする
黒豆茶の効能
丹波の恵みをフォローする
黒豆ポリフェノール ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました