筆者の健康診断の検査結果を掲載中!→詳しく見る

黒豆茶は高血圧にもいいの?

高血圧イメージ 黒豆茶の効能
この記事は約5分で読めます。

黒豆茶をご購入いただいた方にアンケートをとらせていただいた結果、「高血圧の体質を黒豆茶で改善したい」とご購入いただいた方が非常に多いことがわかりました。黒豆茶は薬ではありませんので、高血圧を治すことはできませんが、バランスよい食生活を心がけるなかで、黒豆の栄養素を摂りいれ、体質改善をしたいとお考えの方が多いです。

母が高血圧と自律神経関連の症状で悩んでおりました。半年ほど御社の丹波の黒豆を飲み続けていますが、近頃、夕方になってもふらつかなくなった。確かに良いと思うと喜んでおります。ありがとうございました。今後とも購入させていただきますので、宜しくお願い致します。(神奈川県 たかさん様)

主人と二人で、毎朝、毎晩飲んでます。主人は血圧が高かったのですが、飲みはじめてから、下がってきました。私も、便通がよくなりました。また、香りが抜群によく、リラックスできます。ありがとうございます。(東京都 もーちゃん様)

丹波黒豆茶(炒り黒豆)を1日2回、朝と晩に飲んでおります。また、飲んだ後の黒豆も食べております。黒豆を始めたきっかけは、高血圧の私と家内に、次男の息子が「血圧に良い」と薦めてくれ、半信半疑で飲み始めました。飲み始めて1か月余りですが、血圧も落ち着き、また便秘気味であったのが、改善しました。最近では孫たちから飲み終わった後に「豆頂戴、頂戴」とせがまれています。(大阪府 たかちゃん様)

いい香りの黒豆茶、そしてその後に頂く黒豆。毎日朝晩に頂くのがすっかり習慣になってしまいました。
頑固な便秘も気が付けば結構解消されているみたいですし、主人も少し血圧が上がりかけていたのが落ち着いて来ているみたいで嬉しく思っています。
もう手放せませんね^^(兵庫県 秋桜様)

美味しくて、ほっこりする味なので、娘も気に入って一緒に飲んでます。
他の黒豆茶を試供品で戴いたので、せっかくなので飲んでみましたが、なんだか色んなものが入っているような味で、やはり、こちらの黒豆茶しかダメだなとかんじました。 血圧も下がり傾向なので、効いてるのかなって感じです。(神奈川県 やこ様)

上記は、お客様からいただいた喜びの声を一部ご紹介させていただいたものですが、黒豆茶だけでなく、適度な運動や栄養バランスの採れた食事、睡眠など、生活習慣を改善されている中で、黒豆茶もバランスよく摂りいれていただいたことで、体質改善につなげていただいた結果だと私どもも嬉しく思っています。

黒豆茶の栄養成分と高血圧

黒豆は非常に栄養バランスがとれた食品です。ここでは、皆さんが、高血圧の体質改善に、なぜ当店の黒豆茶をご利用いただいているのか、黒豆茶の栄養の観点から、少し書いてみたいと思います^^

黒豆ポリフェノール「アントシアニン」

抗酸化作用があるといわれるポリフェノールは、様々な食品から摂取することができますが、黒豆にも「アントシアニン」というポリフェノールが含まれており、お茶として気軽に摂取できるところが、黒豆茶の最大の魅力です。

炒り黒豆にお湯を注いで、数分たつと、お湯の中に黒豆の外皮の色が溶け出します。これが黒豆のポリフェノール「アントシアニン」です。

黒豆茶をご利用のお客様の多くが、抗酸化作用があるといわれるポリフェノールを摂取したいと考えて、黒豆茶をご購入いただいています。

ビタミンEも抗酸化作用

また黒豆には、ポリフェノールと同様に抗酸化作用があるといわれるビタミンEを豊富に含んでいます。ビタミンEは、そのため「若返りのビタミン」ともいわれていますね^^

ポリフェノール単体よりも、同じく抗酸化作用のあるビタミンEを一緒に摂取することができれば、相乗効果が期待できるかもしれません。

ビタミンEは、脂溶性のため、お茶には溶け出しませんので、お茶として飲んだ後、残った黒豆を食べられる、炒り豆タイプの黒豆茶を当店ではおススメしています。

黒豆はミネラルも豊富 カリウム

黒豆にはカリウムが豊富に含まれていることで知られています。このカリウムは、過剰な塩分や水分を外に排出調整する役割があるとされていることから、黒豆茶を食生活の中に採り入れたいと思われている方が多いと思います。

減塩に取り組んでいらっしゃる方も多いと思いますが、普段の食生活で、減塩をしようと思うと結構な努力が必要かと思います。ですので、カリウムをしっかり摂れる黒豆を食事に採り入れることはよいことだと思います。

ただし、お医者様にかかられている方は、カリウムを制限されている方もいらっしゃると聞きますので、必ず、お医者様に相談のうえ、適量を召し上がってください。

黒豆は良質のたんぱく源 必須アミノ酸

活性酸素などで、体内がサビつくこと。いわゆる酸化を防止するのに、ポリフェノールを摂取されることは大事なことかと思いますが、丈夫な血管を作ることを怠ってはいけません。

たんぱく質は、血や細胞、筋肉などを作るうえで、必要な栄養素。もちろん、血管もたんぱく質を原料としているわけですから、良質のたんぱく質を食事から摂ることはとても大切な事です。

たんぱく質は、体の中で、アミノ酸に分解されて栄養として体に吸収されますが、「必須アミノ酸スコア」が高い食品がお肉です。体が必要としているアミノ酸をスコア化しているのが、「必須アミノ酸スコア」というものですが、動物性たんぱくのお肉は必須アミノ酸スコアが非常に高いです。そして、植物性たんぱくで「必須アミノ酸スコア」がよいのが、大豆(黒豆)です。

動物性たんぱく質ばかりに偏るのもよくありませんので、植物性たんぱく質をうまく組み合わせて摂取するのがよいと考えるなら、飲んだ後の黒豆も摂取できる、飲んで食べられる黒豆茶を採り入れてみてください。

 

高血圧だけにフォーカスせず食生活の改善を

「人は血管から老いる」と言われます。私もその通りだと思っていて、血液や血管の健康をとても大切に考えている人です。高血圧だけにフォーカスをあてるのではなく、血液や血管の健康を考えて栄養をバランスよく食品から摂取するということを、心がけたいと思っています。

黒豆は決して薬ではありません。ですので、即効性はないと思いますが、体質改善、食生活の改善のために、バランス良い栄養素が含まれています。一度、黒豆茶を気軽に摂りいれていただければと思っています^^

  • 黒豆茶ならポリフェノールを、お茶から気軽に摂取できる。
  • 黒豆茶を飲んだ後、食べることで、ビタミンEなどの栄養素も摂取することができる。
  • 高血圧だけにフォーカスを当てるのではなく、血管の健康も考えてバランスよい食事をする。
プロフィール
この記事を書いた人

黒豆の本場・京都丹波の黒豆専門店「丹波の恵み」です。黒豆屋としては大変珍しい、黒豆健康ドリンクの専門店として創業20年^^楽天市場では、黒豆ココアが大ヒットを記録。黒豆茶は口コミ実績1000件以上。日々の生活の中に気楽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/

メディア掲載履歴:
○テレビ:
NHKテレビ(ニューステラス関西)
○雑誌:
Discover Japan
25ans「ヴァンサンカン」 他

黒豆を活用した食事制限で、健康診断の結果を大幅に改善した
私の健康診断結果を、大公開中です!

>> 健康診断結果を公開中!

丹波の恵みをフォローする
黒豆茶の効能
丹波の恵みをフォローする
黒豆ポリフェノール ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました