筆者の健康診断の検査結果を掲載中!→詳しく見る

バランスよい食事とは?2つのピラミッドから学ぶ

地中海料理イメージ 健康コラム
この記事は約4分で読めます。

仕事柄、よく健康に関する本を読みます。

ただ、本を読んでいても、色々な人が色々な事を言っているので、どの情報が正解かは正直わかりません。

大事なことは、自身が自分の責任で、情報を取捨選択していくということではないでしょうか?

世の中にはたくさんの健康食品が販売されています。しかし、どんなに体によさそうな健康食品であっても、最後に必ず、「健康のためには、バランスよい食事を心がけてください」と書いてあるものです。

つまり、その健康食品だけで、劇的に健康になるということはないということを証明しています。

黒豆屋の私でさえ、黒豆だけで健康になれるとは思っていません。では、バランスの良い食事って何でしょう?今日は、海外の事例をご紹介させていただきながら、バランスのよい食事について、少し書いてみたいと思います。

海外の2つのピラミッドから学ぶ、バランス良い食事

海外にも、バランス良い食事をとるということを推奨している研究結果があります。今回は2つ有名なピラミッドを紹介させていただきたいと思います。

ギリシャの食品ピラミッド

ピラミッド図

最初にご紹介するのが、ギリシャの食品ピラミッドです。

オリーブオイルをふんだんに使うのが特徴で、この地域の人たちの心臓病やがん等の成人病に対するリスクが非常に少なかったという研究結果が出て、地中海料理を一躍有名にしたようです。

他にも、お魚やナッツ類、野菜、豆類などを中心にバランスよく摂取するのが、地中海料理の特徴です。

ピラミッドの下段。毎日食べたいものとして、野菜、果物、乳製品そしてオリーブオイル等があり、中段の週に数回食べたいものに、お魚、鶏肉、ナッツ、豆類。上段の月に数回食べたいものに牛肉や豚肉があります。

  • オリーブオイル

油をふんだんに使っていると、コレステロール値があがったり、太ったりするのでは?というイメージがある方も多いと思いますが、オリーブオイルは不飽和脂肪酸という「体によい油」を豊富に含んでいることから、むしろコレステロール値を下げる役割があるといわれています。

  • 魚料理が中心

DHA、EPAといった言葉をよく聞かれると思います。魚にはこのDHAやEPAといった、こちらも不飽和脂肪酸が含まれていて、コレステロール値を下げるといわれています。対照的に、地中海料理では、ピラミッドにもあったように、牛肉、豚肉といった赤身のお肉についてはあまり摂取しないのが特徴のようです。

脂質でも良質の油(不飽和脂肪酸)は、コレステロール値を減らし、むしろ体に良いというのがわかりますね^^

ちなみにコレステロールには誤解があり、コレステロールも本来、体に必要不可欠なものです。コレステロールについては、下記の記事に詳しく書いていますので、ご参考ください。

コレステロールを下げるための炒り黒豆活用方法
油(脂質)は、健康のために欠かせない栄養ですが、脂質は他の栄養素に比べてエネルギーが多いため、太るというイメージが、ありますね。また、コレステロール値を気にされる方、非常に多いのではないでしょうか?

デザイナーフーズ・ピラミッド

次に、アメリカの国立がん研究センターが1990年に発表した、がん予防によい食品40種類を、効果が期待できる順にミラミッド式に表にしたものが、デザイナーフーズ・ピラミッドです。

一番効果があるとされた食品の上位群には、にんにく、キャベツ・大豆・生姜・人参などがあります。

キャベツ、生姜、人参などは、料理に活用している方も多いと思いますが、大豆は、なかなか意識しないと摂れないように思います。その点、当店の黒豆製品であれば、日々の生活に採り入れていただきやすいと思います。

デザイナーフーズ・プログラムは、もともとフィトケミカルなど、体の免疫力をあげる栄養素を含む食品を分析、選定したものとされています。フィトケミカルというのは、わかりやすくいうと、ポリフェノールのことです。

黒豆には色々な栄養素が含まれていますが、なんといっても、このポリフェノールを気軽に摂取できる点が一番よい点だと思っています。

黒豆ポリフェノールについては、下記の記事の中で詳しく紹介させていただいていますのでご参考ください。

第4回 黒豆茶ならポリフェノールを簡単に摂取できる
ポリフェノールは、色々な食品から摂取できます。例えばポリフェノールの一種、アントシアニンは赤ワイン、ブルーベリー、なすといった食品からも摂取できますが、黒豆なら、黒豆茶にして、お茶から簡単にアントシアニンを摂取できます。

まとめ

これまで、海外の健康に関するピラミッドを2つご紹介させていただいたことからもわかるように、やはり食事のバランスが最強!

決して1つの健康食品だけで、劇的に健康や美容を手にすることはできないということが、わかるかと思います。ですので、日本のどの健康食品も最後は、「食事はバランスよく摂りましょう」ということになるのです。

しかし、何度も申し上げるとおり、食事で劇的に健康になるということがないのも事実です。何かしら健康上の問題を抱えていらっしゃる方にとっては

「では、どうしたらよいのですか?」

「健康食品を採るのは意味がないのでしょうか?」

という声も聞こえてきそうですね。そこは心の持ちようだと私は思っています。心の持ちようとは?というお話を次回はしてみたいと思います^^

 

プロフィール
この記事を書いた人

黒豆の本場・京都丹波の黒豆専門店「丹波の恵み」です。黒豆屋としては大変珍しい、黒豆健康ドリンクの専門店として創業20年^^楽天市場では、黒豆ココアが大ヒットを記録。黒豆茶は口コミ実績1000件以上。日々の生活の中に気楽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/

メディア掲載履歴:
○テレビ:
NHKテレビ(ニューステラス関西)
○雑誌:
Discover Japan
25ans「ヴァンサンカン」 他

黒豆を活用した食事制限で、健康診断の結果を大幅に改善した
私の健康診断結果を、大公開中です!

>> 健康診断結果を公開中!

丹波の恵みをフォローする
健康コラム
丹波の恵みをフォローする
黒豆ポリフェノール ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました