筆者の健康診断の検査結果を掲載中!→詳しく見る

黒豆なら健康的に糖質制限できる理由

糖質イメージ 黒豆の効能
この記事は約3分で読めます。

ちまたでは、糖質制限がブームです。私も糖質制限の記事を何本か書かせていただいていますが、糖質を全く摂らないといった極端な糖質制限は反対の立場です。

糖質を摂らないことで、ケトン体質になり、糖質の代わりに脂肪が燃えてダイエットに繋がるといった記事もよく見かけますが、本当にそうでしょうか?

今日は、なぜ極端な糖質制限を私が反対するのか、その理由と、黒豆なら健康的に糖質制限ができるのではないかという記事を書いてみたいと思います^^

糖質制限の本来の意味

私も経験上、糖質をある程度制限することで、ダイエットや中性脂肪の減少につながるという話は的を得ていると思っています。

しかし、そもそも人は糖質を摂りすぎているので、偏りすぎた栄養バランスを正しくするために糖質を制限するというのが本来の糖質制限です。

糖質を全く摂らないという意味ではありません。

極端な糖質制限は便秘を招く?

では、極端な糖質制限をした場合、どのような弊害があるでしょうか?糖質を含む代表的な食品に、お米があります。糖質制限のために白米を抜いたとしましょう。その結果、便秘になる可能性があります。

白米に含まれる栄養素は、「炭水化物」です。ただし、炭水化物=糖質ではありません。

炭水化物=糖質+食物繊維

であることに気を付けなければなりません。つまり白米を抜くということは、その分、食物繊維の摂取量が減るという事になります。

食物繊維の摂取量の低下は、便秘にもつながりやすいので、たとえ糖質制限で痩せることができたとしても決して健康的に痩せることはできないでしょう。

これも私の持論ですが、ダイエットするなら健康的に痩せなければ意味がありません。

黒豆が糖質制限に向いている理由

とはいえ糖質を制限することで、ある程度のダイエット効果はあるのではないかとも思います。私は、健康的にダイエットする方法として、糖質の代わりを、たんぱく質で補う方法を推奨しています。

黒豆は良質のたんぱく源であり、食物繊維も豊富です。

黒豆にも糖質はありますので、誤解のないように注意してください^^

たとえば、普段摂りすぎていた糖質中心のおやつを、たんぱく質中心の「黒豆のおやつ」に代えていただくのはよいのではないかと思います。

不溶性食物繊維が豊富な黒豆は、少量でお腹を満たしてくれると思いますので、ぜひ、黒豆のおやつダイエットを試してみてください^^

まとめ

  • 糖質制限の本来の意味は、摂りすぎの糖質を制限するという意味
  • 炭水化物=糖質+食物繊維。白米を全く抜いてしまうと、食物繊維の摂取量が減り、便秘になる可能性も
  • 糖質の代わりをたんぱく質で補う黒豆おやつがおすすめ。黒豆の不溶性食物繊維が少量でお腹を満たしてくれます
プロフィール
この記事を書いた人

黒豆の本場・京都丹波の黒豆専門店「丹波の恵み」です。黒豆屋としては大変珍しい、黒豆健康ドリンクの専門店として創業20年^^楽天市場では、黒豆ココアが大ヒットを記録。黒豆茶は口コミ実績1000件以上。日々の生活の中に気楽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/

メディア掲載履歴:
○テレビ:
NHKテレビ(ニューステラス関西)
○雑誌:
Discover Japan
25ans「ヴァンサンカン」 他

黒豆を活用した食事制限で、健康診断の結果を大幅に改善した
私の健康診断結果を、大公開中です!

>> 健康診断結果を公開中!

丹波の恵みをフォローする
黒豆の効能
丹波の恵みをフォローする
黒豆ポリフェノール ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました